多くの疾患を診察してくれる内科とは何かを知ろう

風邪や熱だけでなく腰痛や高血圧も診察してくれる内科を調べよう

思わぬ時に顔を出してくる腰痛

重いものを持ってしまったり、長時間同じ体勢で座ったりしていると、ふとした拍子に顔を出してくるのが腰痛です。体を伸ばせば治る人もいれば、その痛みが長く続いてしまう人もいます。そんな腰痛への対策を知っておくことで、急な痛みにも備えましょう。

腰痛が発生してしまう現象をランキング

人形
no.1

同じ姿勢を長時間続けている

一番腰痛を発症してしまう原因として、長時間同じ姿勢を保っている場合です。特に前かがみや直立した姿勢を続けていると、腰に大きな負担がかかってしまいます。そのため、姿勢を正すことで、負担をかけない生活を心がけることが大事とされています。

no.2

過度の運動や動作が原因

急な激しい運動や重たいものを持ち上げる動作は、腰痛を引き起こしてしまいます。また、肉体労働などで腰の筋肉を酷使している状態も、腰に負担がかかりやすく、よくないとされています。急激な動作を避け、腰に負担をかけないように気をつけましょう。

no.3

筋肉が衰えてしまった

運動不足や加齢によって、腰の筋肉は大きく衰えていきます。そういった衰えた筋肉はより一層、腰に負担をかけてしまいます。普段からゆっくりと体を動かし、腰まわりの筋力アップをすることで、腰痛も軽減させることができると言われています。

多くの疾患を診察してくれる内科とは何かを知ろう

病院

腰痛は内科で受診することがいい時がある

腰痛は多くの原因から引き起こされます。そのため、整形外科に行けばいいと安易に考えてしまってはいけません。内臓系の疾患が原因の場合は、内科に受診する必要があります。そのため、腰痛でも内科を受診する人は少なくありません。たとえば、行徳のクリニックでは、風邪などと一緒に腰痛も急性疾患として、診療内容に入っています。

医療

内科では様々な疾患を診察してくれる

風邪や発熱だけでなく、腰痛や膀胱炎なども急性疾患として、診察を行なってくれる内科が最近は多くなってきました。都筑区の内科などは、内科の専門医と共に、糖尿病や内分泌内科の専門医が、外来を行なってくれたりもしています。こういった取り組みを、街のクリニックなどが行うことで、近くに大きな病院が無くても安心です。

どんな疾患も早期発見早期解決が大切なこと

多くの内科が、多くの疾患を診察してくれるようになりましたが、一番大切なことは、どんな病気や疾患でも早期発見と早期治療です。近くに病院やクリニックがあるから、いつでもいけると考えていては、大変なことに繋がってしまいます。近くにあるからこそ、定期的に診察を行うようにしましょう。

広告募集中