整形外科はリハビリや医師の情報をきちんと知ることがポイント

整形外科で対応できる症状とは

整形外科では多くの症状に対応しています。たとえば、両国の整形外科医院では、肩こりや痛風、ガングリオンや肉離れ、外反母趾など多くの症状に対応が可能となっています。そのため、一般の患者だけでなく、スポーツをしている人も多く通院しています。

受診する前に調べよう!整形外科を選ぶ時のポイント

ホームページに情報がしっかり記載されている

自分で病院を探す多くの人が、インターネットを利用しています。その際に、インターネットにホームページがある病院は、なんだか行きやすいです。また、ホームページ内に最低限の情報だけではなく、治療内容やリハビリ内容などを記載されている病院を探してみましょう。

理学療法士や作業療法士がいるか

整形外科に必須と言っても過言ではないのが、理学療法士や作業療法士です。医師による投薬や注射以外では、整形外科はリハビリでの治療が大半を占めています。そういった点では、理学療法士や作業療法士がいるかいないかを、基準にするのもいいでしょう。

薬を多く処方するところは考えよう

確かに薬を多く処方してくれるのは、痛みが酷いときなどはありがたいです。しかし、それでは根本的な治療とは言えません。大元の治療を行なっていかなくてはなりませんので、極力薬を使用せず、リハビリや施術で改善を目指す医師がいいとされています。

家族や知人からの口コミも聞いてみよう

通院することで病院や医師の印象はわかります。しかし、通院する前になると、色々なことを悩んでしまいます。そういった時は、家族や知人からの話を聞くのもいいでしょう。説明がわかりやすかった、物理療法のみで終わらないなどの意見を聞くことも、よい整形外科を探す手段です。

整形外科で対応可能な症状

  • 痛風
  • 肩こり
  • ガングリオン
  • 肉離れ
  • 五十肩
  • 外反母趾
  • 骨折
  • テニス肘
  • ぎっくり腰
  • 腰椎椎間板ヘルニア

選ぶポイントを知ることで間違えない整形外科探し

ドクター

脳動静脈奇形とは一体どんなもの

脳動静脈奇形とは、脳の中にある動脈と静脈が、異常な血管でつながってしまう病気です。本来ならば動脈の血流は、毛細血管を通って、静脈へと流れます。しかし、この病気はその毛細血管を通らず、圧の高い動脈の血液がそのまま静脈に流れ、静脈内の圧が高まってしまい、破裂してしまいます。そのため、脳内出血や脳室内出血を引き起こす確率が高くなります。

脳動静脈奇形の治療法は3つに分かれる

脳動静脈奇形の基本的な治療は3つに分かれます。頭蓋骨の一部分を開いて行われる「開頭手術」、ガンマナイフを使用して奇形を閉塞させる「放射線治療」、そして、カテーテルを病気の引き金となっている入口部分まで通して、塞栓する「塞栓術」です。しかし、覚えておかなくてはいけないのは、脳動静脈奇形は原因不明の病で、どの施術を行なっても、これらの治療では完治できないということです。

脳動静脈奇形の専門機関を受診する際の疑問

大きな病院に受診する場合はどうしたらいいのか

脳動静脈奇形は特殊な疾患とされています。そのため、今までかかりつけていた病院の「かかりつけ医」からの情報がとても大事になってきます。大きな病院などに初診を依頼する場合は、かかりつけ医から紹介状を書いてもらうことをおすすめします。

車椅子などの貸出はしていますか

車椅子が必要な人には総合受付で貸出を行なっていますので、総合窓口のスタッフまで声をかけてください。また、車椅子を利用しなくても手伝いが必要な人の手助けも行なっています。

女性相談外来を受信したい場合はどうしたらいいか

女性相談外来は完全予約制となっている場合がほとんどです。そのため、診療日時を確認して、受診日の1週間前には、電話で予約を行う必要があります。また、混雑している時間帯ですと、予約が取れないこともありますので、注意しましょう。

広告募集中